営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

IメッセージとYOUメッセージ:迷っているお客様を決断に導く話し方

 

お客様は製品を購入する前に必ず迷いが生じます。本当に自分が必要かどうか不安を感じるからです。

 

特に高額の商品やサービスであるほど、決断に躊躇します。このとき、営業マンはお客様の背中を押してあげる必要があります。お客様の決断を手助けしてあげるのです。

 

そこで、どのような言葉で声をかけるかは重要です。このとき、参考になるのがIメッセージ(アイメッセージ)とYOUメッセージ(ユーメッセージ)です。

 

ここでは、IメッセージとYOUメッセージを理解して、営業活動に活用する方法について話をしていきます。

 

 感情を伝えることで相手を動かす
Iメッセージとは、「私」を主語にして相手の行動を促す話し方です。相手が行動することで自分がどう感じるのかを伝えることで、相手の自主性を促します。例えば、家庭の中でテレビのボリュームを抑えるように促す場面でIメッセージを活用すると、次のようなフレーズになります。

 

「テレビの音がうるさいのでボリュームを下げてくれると、勉強に集中できるので助かる」

 

「ボリュームを下げる」という行動を直接促していないため、相手は指示されたという強制感を抱きません。そのため、素直に認めやすくなります。

 

一方、YOUメッセージとは、「あなた」を主語にする伝え方です。相手の行動をそのまま表現する方法で、批判や命令する際に無意識に使われています。例えば、次のような言い方です。

 

「テレビの音がうるさいのでボリュームをさげてくれ」

 

これは相手の行動を批判しており、「ボリュームをさげてくれ」という命令になっています。そのため、反発がうまれやすいです。

 

このように、どちらを主語にして話をするかは、相手が受ける印象を大きく左右します。

 

 いかに人を動かすか
部下を褒めたい場合には、Iメッセージはとても有効です。ただ単に言葉を並べるよりも、自分の感情を伝えることで、相手を肯定できるからです。例えば、以下のような言い方です。

 

「顧客別の売り上げ資料を整理してくれて、ありがとう。数字の推移が分かりやすく、私も非常に助かったよ。事業部長も理解しやすい資料だと言っていた」

 

このように意識してIメッセージを使うことで、部下の行動を評価していることを伝えるのです。このような言葉を受けた部下は、自己肯定感が強まり仕事へのモチベーションが高まります。

 

Iメッセージを効果的に使うことで、上司はメンバーを奮起させることができます。

 

また営業活動のクロージングでも有効に活用できます。お客様が製品の購入で迷っているときに、決断を促すのです。例えば、次のような内容です。

 

「こちらのダイエット器具でお望みの体型になれれば、紹介した私も嬉しいです」

 

「このシステムによって業務が改善されれば、私も長い間、提案してきた甲斐があります」

 

このように、購入することを前提として、Iメッセージで自分の感情を伝えます。そうすると、購入することに対するお客様の自己肯定感が強まり、クロージングに近づくのです。

 

人は感情で行動します。相手の行動を促すには、感情に訴えかける必要があります。ここで解説した「IメッセージとYOUメッセージ」を理解して、自分の話し方を振り返るようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンに求められるコミュニケーションとは
なぜ、お客様との「コミュニケーション・ミス」が生まれるのか
お客様の沈黙が長いほど商談が成功する理由
コミュニケーションのミスを無くして、お客様と信頼を築く方法
お客様に製品の良さが伝わらないのは営業マンに責任がある
営業マンの会話の基本:お客様に気持ちよく話をしてもらうコツ
お客様が話したい話題でどれだけ盛り上がることができるか
会話の「根っこ」を掴むことでお客様との信頼関係を築く
営業マンに求められる積極的に聞く姿勢
お客様を惹きつける営業マンの話し方
営業マンのヒヤリングのマナー:お客様にリアクションを返す
イエス・バット話法:お客様の反論に対する営業マンの正しい対処法
お客様の自尊心を高めて信頼関係を構築する営業マンの聞く技術
営業マンに必要な「論理的に話す能力」を理解する
結論から先に:自分の言いたいことを相手に明確に伝える技術
データを用いた数値化により、提案の説得力を格段に高める方法
他者意識:なぜ、あなたの「言いたいこと」は伝わらないのか
パラフレージング:お客様の本音を逃さないコミュニケーション技術
お客様の心を動かす「製品知識」を身につける方法
アイスブレイクの重要性
初回訪問でお客様と共通話題を必ず見つけるアイスブレイクの極意
アイスブレイクのコツ:お客様と趣味があわないときの対処方法
どんなお客様とも盛り上がる営業マンの話題・雑談ネタの集め方
営業マンが雑談ネタを選ぶときの基本マナーを理解する
営業マンに必要な、話のネタを作って雑談力を高める方法
同じお客様でも会話が盛り上がる、営業マンの雑談ネタの作り方
雑談が苦手な営業マンが苦手意識を克服する方法
営業マンに必要なアイスブレイクの基本を理解する
営業マンのアイスブレイクで必要とされる「お客様への気配り」を理解する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ