営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

アイスブレイクのコツ:お客様と趣味があわないときの対処方法

 

アイスブレイクは、商談の成果を左右する重要な要素です。本題に入る前に雑談をすることで、お互いの緊張感がほぐれます。そうすることで、コミュニケーションを取りやすい環境を作ることができるからです。

 

お客様と共通の趣味があれば、自然と雑談は盛り上がります。しかし、趣味があわないこともあります。自分に興味がない内容だと、何を聞いていいのかも分からず、話が弾みません。

 

ここでは、お客様と趣味があわない場合の、アイスブレイクのコツについて説明します。

 

 お客様の趣味にあわせて雑談を盛り上げるコツ
法人営業では、顧客の担当者とは、何度も顔を合わせることになります。初対面で、相手の趣味を聞き出せても、自分が知らない内容だと話が続きません。次に会ったときに、その話ができなくなってしまいます。

 

そこで、私が実践していた雑談のコツがあります。それは、相手の趣味に完全にあわせてしまうことです。

 

相手と同じ趣味を始めましょう、という事ではありません。「会話のネタ」を、お客様にあわせれば良いのです。

 

例えば、趣味がゴルフであることを教えてもらいました。そこで、次に会うまでにゴルフに関する情報を集めて、ネタを準備しておくのです。新聞や雑誌、ニュースで話題になっている内容を調べておきます。そして、質問を用意しておきます。

 

例えば、「最近、ゴルフで若手の石山選手が活躍していますね。私は実際にやらないので分からないのですが、彼のドライバーは、そんなに凄いのですか」と話を振ります。

 

するとお客様は、自分の趣味に関することですので、喜んで答えてくれます。そして、知識を入れておけば、その回答に対しても返すことができて、会話を繋いでいくことができます。

 

このとき、勉強をしたからといって、あなたが詳しい話をしようとしてはいけません。あくまでも、雑談の主役はお客様です。あなたは、パスを出すだけで良いのです。

 

 雑談も商談もお客様が主人公である
また、自分が知っている内容でも、始めて聞く振りをします。しっかりと耳を傾けて、気持ち良く話をしてもらいます。人は、「自分の専門知識を他人に教えたい」という欲求を持っています。この心理を応用するのです。

 

肝心なことは、相手に気持ち良く話をしてもらうことです。夢中になって会話ができるネタを、営業マンが準備しておくのです。

 

本題に入る前のアイスブレイクで、お客様に機嫌良くなってもらえれば、商談も順調に進みます。気持ち良く、こちらの提案を聞いてくれるからです。

 

一方で、お互いが打ち解ける前に、製品説明を始めてしまうと、相手は警戒します。「商品を売り込みにきている」、という印象を強く受けるからです。これでは、商談がうまく進むはずがありません。

 

このように、アイスブレイクは商談の成果を左右する重要な要素です。このことを理解して、しっかりと準備をして提案活動に臨むようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンに求められるコミュニケーションとは
なぜ、お客様との「コミュニケーション・ミス」が生まれるのか
お客様の沈黙が長いほど商談が成功する理由
コミュニケーションのミスを無くして、お客様と信頼を築く方法
お客様に製品の良さが伝わらないのは営業マンに責任がある
営業マンの会話の基本:お客様に気持ちよく話をしてもらうコツ
お客様が話したい話題でどれだけ盛り上がることができるか
会話の「根っこ」を掴むことでお客様との信頼関係を築く
営業マンに求められる積極的に聞く姿勢
お客様を惹きつける営業マンの話し方
営業マンのヒヤリングのマナー:お客様にリアクションを返す
イエス・バット話法:お客様の反論に対する営業マンの正しい対処法
お客様の自尊心を高めて信頼関係を構築する営業マンの聞く技術
IメッセージとYOUメッセージ:迷っているお客様を決断に導く話し方
営業マンに必要な「論理的に話す能力」を理解する
結論から先に:自分の言いたいことを相手に明確に伝える技術
データを用いた数値化により、提案の説得力を格段に高める方法
他者意識:なぜ、あなたの「言いたいこと」は伝わらないのか
パラフレージング:お客様の本音を逃さないコミュニケーション技術
お客様の心を動かす「製品知識」を身につける方法
アイスブレイクの重要性
初回訪問でお客様と共通話題を必ず見つけるアイスブレイクの極意
どんなお客様とも盛り上がる営業マンの話題・雑談ネタの集め方
営業マンが雑談ネタを選ぶときの基本マナーを理解する
営業マンに必要な、話のネタを作って雑談力を高める方法
同じお客様でも会話が盛り上がる、営業マンの雑談ネタの作り方
雑談が苦手な営業マンが苦手意識を克服する方法
営業マンに必要なアイスブレイクの基本を理解する
営業マンのアイスブレイクで必要とされる「お客様への気配り」を理解する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ