営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

ビジネスで成功するための有効な一日の時間の使い方

 

営業マンとして成長するには、仕事以外でも学ぶ場を設けることが大切です。営業という現場からも学べることはありますが、その量が少なすぎるからです。

 

営業で成果を出している人やビジネスで成功している人は、勤勉な人が多いです。多忙な仕事をこなしながら、時間を作って勉強しているのです。つまり、時間の使い方にも優れているということができます。

 

一日の中に戦略的に自己投資の時間を作ることで、仕事の成果を高める努力をしているのです。そこで、ここでは私のおすすめする一日のスケジューリング方法について話をしていきます。

 

 一日を3分割して全体をスケジューリングする
私が会社員の頃は、一日を3つのパートに分けて予定を組み立てていました。それが、「出勤前」「勤務中」「退社後」の3分割にする方法です。この3分割で考えて日々の生活を組み立てていくのです。

 

ビジネスで成功するための有効な一日の時間の使い方

 

例えば、英会話をマスターしたければ、毎日の「出勤前」にラジオ英会話で勉強することができます。また「退社後」の時間に英会話スクールに通うこともできます。このように、「出勤前」と「退社後」の時間を有効活用していくのです。

 

私が行っていた「出勤前」の有効な使い方について話をしていきます。年度末や商談の大詰めの多忙な時期には、この時間を集中して仕事に取り組む時間に充てていました。勤務開始の1時間前に出勤することで、誰もいないオフィスで集中して仕事をこなすのです。

 

周囲に同僚がいないため話しかけられることもなく仕事に没頭することができます。また、お客様からの電話もかかってこないため、集中力が途切れることがありません。さらに、早朝は頭が冴えているため、すごく仕事がはかどります。

 

仕事が多忙な時期でなければ、私は読書の時間にしていました。最寄りの喫茶店でコーヒーを飲みながら、ビジネス書や仕事に関連する本を読み勉強の時間にしていたのです。

 

この習慣には、読書によって学ぶこと以外の大きなメリットがあります。それは、朝から勉強することでモチベーションが高まり、一日の良いスタートがきれるということです。

 

そうすることで、「勤務中」の仕事の生産性を高めることができるのです。

 

これは実際に私が経験したことで、非常にお薦めする習慣です。あなたも営業活動の成果を高めることを目的として、朝の自己学習を取り入れてみてください。

 

 退社後は人脈を作り自己を成長させる
次に「退社後」の時間の使い方です。この時間は友人と会ったり、趣味の時間にあてたりすることができます。プライベートな時間をしっかりと確保することで、気分がリフレッシュされ、仕事にも良い影響がうまれます。

 

もちろん、この時間を自己学習に充てることもできます。資格を取得するためのスクールに通ったり、興味のある勉強会やセミナーに参加したりすることは、非常に有意義な時間の使い方といえます。

 

私はおもに、社外の人と会う時間にしていました。サラリーマンは一日に約8時間という膨大な時間を会社の人間と過ごします。そのため、ひとつの組織という狭い世界でしか物事が考えられなくなる傾向があります。

 

例えば、会社における交際費のルールです。私が勤めていた会社では、事前に社内申請を行い、承認がおりないと交際費は使えませんでした。経費も会社の入出金であるため、しっかりと承認を貰う必要があると考えていました。

 

しかし、友人の企業では承認は全く必要ないことを聞いて驚きました。私は自分の会社のルールが常識で、他の企業でも全て同じであると思っていたからです。

 

このように、サラリーマンは思考の幅が狭くなる傾向があります。これを避けるために社外の人と会って、色々な話をすることは非常に有効です。

 

そのため私は積極的に社外の人間と会うようにしていたのです。

 

そこから話が広がりビジネスに発展することもあれば、趣味の繋がりが広がることもあります。社外の人と過ごすことは、仕事にもプライベートにも、良い影響を与える有効な時間となるのです。

 

このように、自身の成長に繋がる時間を戦略的に設けることが大切です。日々を仕事だけの毎日にしてはいけません。仕事以外で学ぶ場を設けることで、成長のスピードを格段に速めることができます。

 

仕事の成果に繋がる時間の使い方を身につけて、ステップアップすることを心がけてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ