営業学ブログ

営業を「学問」として体系的に学ぶ総合学習サイト

予算達成する仕事の習慣

営業マンの1日24時間の有効な使いかたを考える

投稿日:2017年11月7日 更新日:

こんにちは
営業学の山本です。

私が会社員の頃は、
一日を3つのパートに分けて
予定を組み立てていました。

それが、

「出勤前」

「勤務中」

「退社後」

の3分割にする方法です。

この3分割で考えて
日々の生活を組み立てていくのです。

 

特に退社後の時間は貴重です。

私はおもに、社外の人と
会う時間にしていました。

 

会社員は一日に約8時間という
多くの時間を会社の人間と過ごします。

そのため、
ひとつの組織という狭い世界でしか
物事を考えられなくなる傾向があります。

 

例えば、会社における
交際費のルールです。

私が会社では、
事前に申請をおこない、
承認がおりないと使えませんでした。

 

経費も会社のお金であるため、
承認をもらうのが当たり前だと考えていました。

しかし、友人の企業では、
申請は必要ないことを聞いて驚きました。

 

自分の会社のルールが常識で、
他の企業でも一緒だと思っていたからです。

このように、サラリーマンは
思考の幅が狭くなる傾向があります。

 

これを避けるために社外の人と会って、
色々な話をすることは非常に有効です。

そのため私は積極的に
社外の人間と会うようにしていたのです。

そこからビジネスの話に発展する
こともあれば、趣味の繋がりが広がることもあります。

 

社外の人と過ごすことは、
仕事にもプライベートにも、
良い影響を与える有効な時間となるのです。

24時間という限られた資源を
あなたも有効に使うことを真剣に考えてみてください。







-予算達成する仕事の習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ、トップ営業マンは「天気予報」を見ないのか?

こんにちは 営業学の山本です。 できる営業マンは、 傘を持って通勤しません。 常にカバンに 「折り畳み傘」 があるからです。   雨の日になるとビニール傘を 持ち歩く人もいますが、 非常に効 …

営業予算を確実に達成するためのタイムマネジメントの秘訣

こんにちは 営業学の山本です。 数字があがらない営業マンは タイムマネジメントが苦手です。 時間を管理できない人が 仕事で成果を残せるはずはありません。   そこで、予算を達成している人の …

営業マンの「Facebook」活用術

こんにちは 営業学の山本です。 私が法人営業を 行なっていたときです。   仲が良くなったお客様とは、 Facebookで友達になっていました。 そこで、お互いの プライベートな投稿を共有し …

自分が扱う製品を好きなにる方法

自分が扱う製品が 好きななれない営業マンは多いです。 ただ、それでは、 思うような数字はあがりません。 自信を持ってお客様に 提案することができないからです。   そこで、自社の商品を 好き …

一瞬でグズグズした自分から抜け出すための思考法

こんにちは 営業学の山本です。 やる気があがらずに なかなか行動できない ことはないでしょうか。 大した仕事でもないのに、 気分がのらないときは誰でもあると思います。   このようなときは、 …