営業の読書術

なぜ、営業マンの読書は精読よりも「多読」が必要なのか?

こんにちは
営業学の山本です。

私は多くの営業マンに
読書をすすめています。

 

それも、数多くの書籍を
読むように推奨しています。

つまり「多読」です。

 

一冊の本をじっくりと読むよりも、
多くの本を読むことを勧めているのです。

なぜなら、営業マンにとっての読書は
実践で使える知識やアイデアを学ぶことが目的だからです。

 

例えば、私は月に
20~25冊の本を読みます。

そして、これを
7~8年間続けています。

 

このように言うと、
多くの人から次のような質問を受けます。

「そんなに多くの本を読んで頭に残っているのですか」

「数多くの書籍を読んで内容を消化できるのですか」

 

沢山の本を読むと情報量が多いために、
内容が整理できないと考えているのです。

そのため、頭の中に残らず、
本を読んだ意味がないと感じているのです。

 

しかし、
実際はそうではありません。

自分では意識していなくても、
本の内容というのは
潜在的に頭の中に残っているのです。

 

そのため、必要なときに、
必要な知識やアイデアが
頭の中に浮かび上がってきます。

そして、そのアイデアを
実践で活用することができるのです。

 

つまり、多読によって得た知識やアイデアは、
消化できていない訳ではなく、
潜在的に蓄積されているのです。

そして、
本で学んだ知識やアイデアは、
数が多いほど実践で活用できる確率は高くなります。

 

だからこそ、
私は営業マンに

「多読」

をススメめているのです。

これを機に
あなたも多読の効用を真剣に考えてみてください。

全てのビジネスマンへ!後悔しない人生を送る読書術

こんにちは
営業学の山本です。

私は月に
15-20冊の本を読みます。

これは、
思考の幅を広げるためです。

 

営業マンであれば、
思考の幅が狭いことは致命傷です。

それは自分の視点でしか物事を
考えることができなくなるからです。

 

自分の都合だけで考えては、
決して数字に繋がることはありません。

営業に求められるのは、
顧客視点で考える能力だからです。

 

つねに、

「お客様は何を望んでいるのか」

「どうすれば相手は喜んでくれるのか」

を考えるのが営業です。

 

他人の視点にたって物事を
判断できる柔軟な思考が必要になります。

そこで有効な手段が「読書」です。

 

読書は著者の考え方やアイデアを、
頭の中で追体験する行為です。

多くの本を読むことで、
さまざまな思考や価値観に
触れることができます。

この体験が思考の幅を広げてくれるのです。

 

私は読書の習慣ができたおかげで、
人生が変わったと思っています。

思考の幅が広がることは、
それぐらい重要なことなのです。

人生を後悔しないためにも
読書の習慣を身につけてください。

3連休におススメの読書リスト

1、バカ売れ法則大全

 

出版社: SBクリエイティブ

著者:行列研究所

営業ではなく、マーケティング分野の書籍になりますが、非常に勉強になる一冊です。世の中でヒットしている商品やサービスが、なぜ売れているのかを学ぶことができます。

また、ヒット商品の事例が豊富で、身近な商品も多いので楽しみながら読むことができます。

さらに、マーケティングの視点から「売れるためのポイント」が最後にまとまっているので、実践的な書籍ということもできるでしょう。

個人的には、「ローソンの焼き鳥」「AbemaTV」の話が興味深かったです。われわれ営業マンも勉強になる内容が多いので、おススメの一冊です。

 

2、絶対にミスをしない人の脳の習慣

 

出版社: SBクリエイティブ

著者:樺沢 紫苑

2冊目のおススメ本は、私が好きな著者の一人である樺沢先生の書籍です。脳のパフォーマンスを最大限に高めて、仕事の効率をあげるという面白い観点でかかれた本です。

仕事のミスをなくす方法や集中力を高めるための秘訣など、具体的で分かりやすく学ぶことができます。全てのビジネスマンに読んで欲しい一冊です。

個人的には、「遊びのToDoリスト」の活用法が目からウロコでした。もちろん、さっそく実践しています。

Amazonのレビューでも評価が高く、自信をもっておススメできる書籍です。

 

3、営業ならもっと数字で考えなきゃ!

 

出版社: あさ出版

著者:香川 晋平

3冊目のおススメは、営業本。ですが、通常の営業本とは違っていて、「数字で考える」にフォーカスした内容です。

タイトルに共感する部分が大きく、書店で見つけた瞬間に購入しました。

また、著者が関西人のためか、読んでいて非常に面白いです。それでいて、営業をしっかりと学ぶことができる良書。

この著者の書籍は初めて読みましたが、シリーズとして他に何冊か出版されているので、そちらも読んでたいですネ。

楽しみながら営業の原理原則を学べる、おススメの一冊です!