営業学ブログ

営業を「学問」として体系的に学ぶ総合学習サイト

営業の読書術

3連休におすすめの一冊(1月6日)

投稿日:2018年1月6日 更新日:

NY式「超一流の営業」の基本


酒井レオ (著)

出版社: 朝日新聞出版

つい先ほど、読み終えた一冊です。

タイトルにあるとおり、アメリカで成果があがった営業のスキルやノウハウを学べる一冊です。

ただ、日本の文化や日本人には、そのまま適用できない箇所もあるので、そこは充分に考えて自分の営業活動に落とし込んでいかなければいけません。

もちろん、営業という本質で考えれば全ては学びになります。米国と日本の営業スタイルの違いを思い知らされる良書ではないでしょうか。


会って3分 話して1分 初対面で売れる技術

井上健哉

出版社: かんき出版

 

おもに保険セールス向けにノウハウやテクニックが書かれた一冊。

個人営業で大切な要素、営業マンとしていかに自分を売ることができるか、を学べることができます。

長く法人営業に携わってきた私にとって、非常に気づきの多い書籍となりました。

また、新たに「営業」に関して考えさせられる一冊でした。個人営業の経験のない人や、保険セールスに興味がある人、それから、人間力を高めたいと考えている人におすすめの一冊です。


頭がいい人は脳を「運動」で鍛えている

菅原 洋平 (著)

出版社: ワニブックス

 

いかに脳を有効に活用するかという観点で、運動の効果を説いた一冊。

また、「集中力」「心の状態」「モチベーション」「コミュニケーション力」といように、カテゴリーごとに学べるのが為になり、読みやすかったです。

私自身も仕事のパフォーマンスをあげるために、意識して運動しているが、その内容を見直すことができるいい機会になりました。

仕事が忙しいことを理由に、運動を避けている人には、多くの気づきを得ることができるはず。多忙に追われる全ての営業マンにおすすめ一冊です。

 

 

さらに、効果的な読書のメソッドを知りたい営業マンは・・・

【動画講義】営業の読書術 にて学んでください。

講義内容

 読書を習慣にして成果をあげるには
読書をすることが良いと分かっていても、なかなか本を読む時間が取れないですよね。そこで、私自身が実践していた、日々の忙しい仕事を続けながら、継続的に書籍を読むための工夫を紹介しています。

 

 営業として成長するための読書術
ただ単に営業について書かれた本を読むだけでは、スキルアップできません。成長するための読書の工夫が必要。そこで、どのように読書に取り組んでいけば、営業として着実にステップアップできるのかを学んでもらいます。

 

 圧倒的な読書の量が必要なワケとは?
私が推奨している読書は、精読よりも多読です。数多くの本を読むことが大切なのです。そこで、なぜ多読が必要なのかを営業活動のシーンに例えて解説。どのように読書に取り組めば、学んだ内容を営業で実践できるのかが明確になります。

 

 オーディオブックの活用法と意外な効果
私は本を読むだけでなく、オーディオも活用することを勧めています。なぜなら、営業マンにとってある重要なスキルが確実に向上するからです。私自身、このオーディオブックの効果を実感しています。その意外な効果について解説しています。

 

 営業として成長するための読書術
私は月に20冊前後の本を購入しています。当然、それなりの費用がかかるのですが、実は本を安く購入するヒミツがあるのです。私はそれを実践しているからこそ、月に20冊前後もの書籍を購入することができるのです。ビジネス書であれば、だいたい1,500円もするので、できるだけ安く買いたいですよね。その秘訣を完全公開!あなたも低コストで、読書に取り組むことができます。

 (1)スキルアップのための読書の習慣
 (2)書籍で学んだ知識を売上に変えるには?
 (3)なぜ営業マンには精読よりも多読が必要なのか
 (4)書籍とオーディオブックの同時学習法
 (5)半額以下で月に20冊を読破するマル秘メソッド

 

【動画講義】営業の読書術







-営業の読書術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

営業マニュアルの作りかた

こんにちは 営業学の山本です。 多くの営業本を読むことで、 色々なアイデアに出会うことができます。 それを抜きだして、 ノートにメモをしておきます。   手書きのノートでも、 パソコンを使っ …

営業マンは読書によって何が変わるのか?

こんにちは 営業学の山本です。 さて、営業マンの読書は 精読よりも多読が大切です。 つまり、一冊の本を じっくりと読むよりも、 多くの本を読むべきです。   これには 幾つかの理由が存在しま …

全てのビジネスマンへ!後悔しない人生を送る読書術

こんにちは 営業学の山本です。 私は月に 15-20冊の本を読みます。 これは、 思考の幅を広げるためです。   営業マンであれば、 思考の幅が狭いことは致命傷です。 それは自分の視点でしか …

コミュニケーション能力を高める方法

こんにちは 営業学の山本です。 読書とは、著者の書いた文章を読んで、 言いたいことを感じ取る行為です。 「ここで著者は、どういうことを言いたいのか」 というように、考えながら読み進めることで、 その答 …

なぜ、営業マンの読書は精読よりも「多読」が必要なのか?

こんにちは 営業学の山本です。 私は多くの営業マンに 読書をすすめています。   それも、数多くの書籍を 読むように推奨しています。 つまり「多読」です。   一冊の本をじっくりと …