営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

お客様からアポイントが取れるメールの件名の書き方のコツ

 

営業マンがお客様からアポイントを取るときに、メールを使うことはとても有効です。面談が行える候補日を幾つかあげられるため、日程の調整が行いやすいからです。

 

また、メールはお互いの都合の良い時間に対応できるため、電話でアポを取るよりも時間のロスが少なくて済みます。営業マンにとってメールは、とても便利なツールです。

 

ただ、お客様に送ったメールも読んでもらえなければ意味がありません。お客様も自分の仕事があって忙しいのです。営業マンが送ったからと言って、お客様がそのメールを読んでくれるとは限らないのです。

 

そして、お客様にメールを開封してもらうには、件名を工夫する必要があります。なぜなら、多くの人はメールを開くかどうかを、件名を見て判断しているからです。そのタイトルを見て、必要性を感じたときに読みたいと思うのです。

 

そこで、ここでは営業マンがメールでアポイントを取るときの、メールの件名の書き方について解説していきます。

 

 お客様に選ばれる件名とは
お客様に読んでもらうためには、魅力的なメールのタイトルをつけることです。お客様が興味を惹く内容でなければ、メールを読みたいとは感じません。

 

また、お客様はあなた以外の人からのメールも受け取っています。つまり、メールのソフト(WindowsのパソコンであればOutlookなど)には、数多くのメールとその件名が並んでいるのです。

 

その中から、確実にメールをクリックしてもらう必要があるのです。そのため、件名だけでお客様に「読んでみたい」と思わせなければいけません。

 

そのためには、件名だけでお客様にメリットを実感させる必要があります。お客様に「このメールは読んだ方が良い」と実感させるのです。例えば、次のようなキーワードです。

 

「コスト削減の提案」
「運用の効率化について」

 

このように、ひと目でメリットと分かるようなタイトルにすることがポイントです。逆にやってはいけないのが、お客様のためになることが想像できない件名です。例えば、次のような内容です。

 

「新製品のリリースしました」

 

新製品をリリースしたという表現は、営業目線の情報発信です。そのため、売り込みのイメージを強く与えてしまいます。お客様にとってのメリットを感じさせることが重要あることを肝に銘じてください。

 

 タイトルは簡潔に
また、タイトルを決めるときに大切なことは、ひと目で内容がわかるような内容にすることです。上記で説明したとおり、お客様は数多くのメールを見ています。そのため、長いタイトルだと、理解するのに時間がかかり敬遠されがちです。

 

例えば、次のようなメールの件名です。

 

「医療業界が伸びているITソリューションの事例紹介について」

 

このような長文を見た瞬間に、お客様は最後まで読むことに抵抗を感じます。そのため、メールを開封してくれない確率が高まってしまいます。そこで、言いたいことを短い文章で伝えることを意識してください。例えば、以下のようなタイトルです。

 

「医療業界の事例紹介について」

 

お客様にアポイントを打診するとき、メールはとても便利なツールです。しかし、営業マンが送ったメールも、お客様が読んでくれなければ意味がありません。確実に内容を確認してもらうには、メールの件名を魅力的な内容にする必要があります。

 

そして、メールのタイトルは魅力的で簡潔に伝えることを意識してください。お客様の目線になって、どのような件名であればお客様はメリットを感じるかを考えてください。これを意識することでアポイントの取得率を高めることができます。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンのテレアポの基本:お客様にまず何を伝えるべきか
あなたのテレアポが失敗する3つの理由
「とりあえず資料を送って下さい」と言われたときのテレアポの対処法
相手の警戒心を消し、テレアポの成約を高めるアプローチのコツ
新規開拓のテレアポ:フロントから担当者へ繋いでもらう秘訣
アポ取りはお客様に対するマナーで決まる
アポイントが取れる営業マンの電話の話し方
アポイントがキャンセルされたときの営業マンの正しい対応
一瞬でお客様との距離を縮め、テレアポのフロントを突破するコツ
営業マンが二者択一で確実にアポイントを取るコツ
アポイントが取れないときの営業マンのマインドセット
お客様の誤解をなくす営業マンの正しいアポイントの取り方
アポ取りの電話で商品の説明をしてはいけない理由
訪問ネタがなくてもアポイントが取れる営業アプローチのコツ
アポ取りで失敗する理由から正しいアプローチを学ぶ
営業のターゲットを絞りこみ、テレアポの効率をあげるコツ
電話営業の鍵をにぎる「トークスクリプト」の作り方
一日200件のテレアポで最大限の成約をあげる電話営業のコツ
電話営業における非言語コミュニケーションを理解する
AIDMAの法則:購買心理を理解して電話営業の成果を高める
電話営業やテレアポでお客様と話すときの考え方のコツ
安定した売り上げをあげる営業マンのアポイントの基本
お客様からアポイントが取れる営業マンのメールの書き方のコツ
お客様にアポイントを断られたときの営業マンの正しいメール返信
営業マンがメールでアポイントを取るときに成約率を高めるコツ
「年末年始の挨拶」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
「担当者変更の挨拶」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
「新規顧客の開拓」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
過去に取引のあったお客様へメールでアポをとるときのコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ