営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

相手の警戒心を消し、テレアポの成約を高めるアプローチのコツ

 

テレアポが失敗する一番の原因は、お客様が心を開いていないのにアポを取ろうとすることに理由があります。お客様は、初めてかかってきた電話に対して必ず警戒心を抱きます。そのため、営業マンの話を素直に受け入れてはくれないのです。

 

お客様が相手を疑っている状態で話を進めても、アポイントが取れるはずはありません。どれほど良い製品を扱っていても、お客様が耳を傾けてくれなければ話は進まないからです。つまり、電話でアポイントを取るためには、最初にお客様の警戒心を消してあげる必要があるのです。

 

ここでは、テレアポの成果を高めるために必要な、お客様の警戒心を消すアプローチ手法について解説していきます。

 

 人は誰でも「売り込み」を嫌う
例えば、あなたもこのような経験をしたことはないでしょうか。自宅の電話に聞き覚えのない会社から電話がかかってきました。

 

「お世話になっております、鈴木サービスの山田と申します。今回は新商品のキャンペーンのご案内でお電話をさせていただきました」

 

このような電話を受ければ、誰でも相手のことを怪しむはずです。それは、会話の内容で「売り込み」の電話をかけていることが、すぐに分かってしまうからです。その原因は、「何のために電話をかけているのか」を営業マン目線で伝えているからです。

 

先ほどの例でいえば、「新商品のキャンペーンのご案内」というフレーズです。

 

しかし、これでは商品を売り込むために電話をかけていることを伝えているようなものです。そのため、お客様はこのフレーズを聞いただけで、「営業の電話」であると判断します。だからお客様は、営業マンの話を素直に受け入れようとしないのです。

 

つまり、営業マンは最初に「お客様の警戒心」を消すことからはじめなければいけないのです。これを理解するだけでも、テレアポの成約率を格段に高めることができます。

 

 何がお客様の心を開かせるのか
テレアポで真っ先にやるべき事は、会社紹介でも製品説明でもありません。お客様の警戒心を消して、こちらの話を聞いてもらえる状態を作ることなのです。

 

そこで必要になるのが、会話にひとつの工夫を付け加えて話すことです。売り込みの電話である印象を与えないようにするのです。例えば、次のような話し方です。

 

「すぐに購入していただくための話ではないのですが…」

 

「今すぐのお話ではないので情報提供になるのですが…」

 

このように、その電話自体で「買う」ことを決断する必要がないことを冒頭で伝えてあげるのです。そうすることで、お客様に「この電話で何かを買わされることはない」と思わせることができます。

 

これにより、お客様の警戒心を打ち消すことができます。営業マンは自分の都合ではなく、お客様の不安を取り除くために言葉を選ばなくてはいけないのです。お客様は売り込みをされることはないと実感できて、ようやく営業マンの話に耳を傾けてくれるのです。

 

電話でアポイントを取るときに最初にやるべき事は、商品説明でも会社紹介でもありません。それは、お客様の警戒心を消してあげることです。お客様の心理を常に考えることが、営業マンの基本であることを理解しなければいけません。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンのテレアポの基本:お客様にまず何を伝えるべきか
あなたのテレアポが失敗する3つの理由
「とりあえず資料を送って下さい」と言われたときのテレアポの対処法
新規開拓のテレアポ:フロントから担当者へ繋いでもらう秘訣
アポ取りはお客様に対するマナーで決まる
アポイントが取れる営業マンの電話の話し方
アポイントがキャンセルされたときの営業マンの正しい対応
一瞬でお客様との距離を縮め、テレアポのフロントを突破するコツ
営業マンが二者択一で確実にアポイントを取るコツ
アポイントが取れないときの営業マンのマインドセット
お客様の誤解をなくす営業マンの正しいアポイントの取り方
アポ取りの電話で商品の説明をしてはいけない理由
訪問ネタがなくてもアポイントが取れる営業アプローチのコツ
アポ取りで失敗する理由から正しいアプローチを学ぶ
営業のターゲットを絞りこみ、テレアポの効率をあげるコツ
電話営業の鍵をにぎる「トークスクリプト」の作り方
一日200件のテレアポで最大限の成約をあげる電話営業のコツ
電話営業における非言語コミュニケーションを理解する
AIDMAの法則:購買心理を理解して電話営業の成果を高める
電話営業やテレアポでお客様と話すときの考え方のコツ
安定した売り上げをあげる営業マンのアポイントの基本
お客様からアポイントが取れる営業マンのメールの書き方のコツ
お客様にアポイントを断られたときの営業マンの正しいメール返信
営業マンがメールでアポイントを取るときに成約率を高めるコツ
「年末年始の挨拶」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
「担当者変更の挨拶」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
「新規顧客の開拓」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
過去に取引のあったお客様へメールでアポをとるときのコツ
お客様からアポイントが取れるメールの件名の書き方のコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ