営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

あなたのテレアポが失敗する3つの理由

 

私はサラリーマン時代に多くの企業で営業職として働いてきました。そこでは、色々なタイプの営業マンを数多く見てきました。そして、営業成績が良かった人達にはあるひとつの共通点があります。

 

それは、お客様からアポイントを取るのが非常にうまいという特徴です。

 

新製品を紹介したいときや上司と一緒にご挨拶訪問をしたいときなど、どのような用事であってもアポが取れるのです。アポイントが取れる件数が多ければ、それだけ商談に発生する機会も増えます。

 

だからこそ、安定した数字を残すことができるのです。

 

そして、数字が思わしくない営業マンは、やはりアポイントが下手です。アポイントの段階でお客様に断られてしまっては、予算を達成することなどできません。

 

そこで、ここではアポイントが苦手な営業マンに共通する3つの特徴について解説していきます。

 

1、メリットが表現できていない

 

お客様に断られてしまうケースで最も多いのが、メリットを伝えきれていないという事実です。お客様に時間を取ってもらうには、「営業マンに会う必要性」を感じてもらわなければいけません。

 

アポが苦手な営業マンは、それをうまく表現できていないのです。

 

例えば、現在のサービスに新しオプションが追加されるとします。このオプションを使うと、サービス全体の費用が抑えることができます。つまり、お客様にとってはコスト削減になるのです。

 

このとき、お客様にとってのメリットは「コスト削減」です。ただ、多くの営業マンは、「新製品の紹介」という内容で訪問しようとするのです。新製品の発売というのは、営業側の都合です。

 

営業マンの都合ではなく、お客様のメリットでアプローチしなければいけません。

 

つまり、「コスト削減というお客様にとってのメリット」を提案するというスタンスでアポイントを取るのです。このように、アポイントをとるときの考え方を変えるだけでも、アポ取りの成約率は大きく変わります。

 

2、警戒させれる営業トーク

 

次に多いのが、お客様に警戒されてしまうトークです。電話でアポイントを取るときの、あなたの話し方を振り返ってみてください。低姿勢になり過ぎていないでしょうか。

 

相手がお客様だからといって、必要以上に遠慮する必要はありません。

 

営業マンに申し訳なさそうにアプローチされると、お客様は会おうという気持ちにはなれません。なぜなら、それほど重要ではない内容でアポを取ろうとしているのではないかと感じるからです。

 

営業マンの控えめ過ぎる姿勢は、お客様に会うメリットを感じさせないのです。

 

営業アプローチは決して悪いことではありません。それどころか、お客様にとっての有益な情報提供やニーズにあった提案は、お客様にとって喜ばれるものです。

 

そのため、営業マンは、自信を持ってアプローチするべきなのです。そして、その自信がお客様にも伝わり、アポの成約へと繋がるのです。

 

3、押しが弱い

 

最後に押しの弱さです。アポが苦手な営業マンは、お客様が少し背を向けてしまうとアプローチをやめてしまいます。つまり、諦めるのが早いのです。

 

電話によるアプローチであれば、前後に2回のクロージングをかけるぐらいが丁度よいです。最初に断られてしまっても、雑談や製品説明を挟んで、最後にもう一度アポイントを依頼するのです。

 

お客様にとってメリットのある提案であれば、積極的に勧めるのが営業マンの仕事です。

 

ただ、勘違いをしないようにしてください。お客様が提案内容を理解したうえで断っているなら、潔くアプローチを諦めなければいけません。積極的な営業アプローチと「しつこいアプローチ」は別ですので注意してください。

 

このように、アポイントの取得が苦手な営業マンには、いくつかの共通点があります。ここで解説した3つのポイントが、なぜ好ましくないのかを真剣に考えてください。そして、日々の営業活動におけるアプローチを振り返り、改善するようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンのテレアポの基本:お客様にまず何を伝えるべきか
「とりあえず資料を送って下さい」と言われたときのテレアポの対処法
相手の警戒心を消し、テレアポの成約を高めるアプローチのコツ
新規開拓のテレアポ:フロントから担当者へ繋いでもらう秘訣
アポ取りはお客様に対するマナーで決まる
アポイントが取れる営業マンの電話の話し方
アポイントがキャンセルされたときの営業マンの正しい対応
一瞬でお客様との距離を縮め、テレアポのフロントを突破するコツ
営業マンが二者択一で確実にアポイントを取るコツ
アポイントが取れないときの営業マンのマインドセット
お客様の誤解をなくす営業マンの正しいアポイントの取り方
アポ取りの電話で商品の説明をしてはいけない理由
訪問ネタがなくてもアポイントが取れる営業アプローチのコツ
アポ取りで失敗する理由から正しいアプローチを学ぶ
営業のターゲットを絞りこみ、テレアポの効率をあげるコツ
電話営業の鍵をにぎる「トークスクリプト」の作り方
一日200件のテレアポで最大限の成約をあげる電話営業のコツ
電話営業における非言語コミュニケーションを理解する
AIDMAの法則:購買心理を理解して電話営業の成果を高める
電話営業やテレアポでお客様と話すときの考え方のコツ
安定した売り上げをあげる営業マンのアポイントの基本
お客様からアポイントが取れる営業マンのメールの書き方のコツ
お客様にアポイントを断られたときの営業マンの正しいメール返信
営業マンがメールでアポイントを取るときに成約率を高めるコツ
「年末年始の挨拶」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
「担当者変更の挨拶」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
「新規顧客の開拓」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
過去に取引のあったお客様へメールでアポをとるときのコツ
お客様からアポイントが取れるメールの件名の書き方のコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ